子どもができたら一歩前を歩いてしまうのが母。

子どもが生まれると、早くあれをしてほしい、これをしてほしい、と成長がとても楽しみですよね。細かく月齢で出来てくることが違うし、この時期はこういうことができます、と書かれてあれば、出来ないと落ち込み、出来たらほっとし、の繰り返し、成長は本当に楽しみと心配の繰り返しです。
その中で楽しい方と言えば、赤ちゃんに着せるお洋服です。
まだねんねの赤ちゃんには早いかなと思いつつ、かわいいデザインのセパレートの洋服を買ってしまって、準備を始めると、もういても経ってもいられなくなってついつい着せてしまう。こういう気持ちってすごくいとおしい気持ちから生まれるごくごく自然な感情ですよね。
だからあらもうセパレート?と思うような赤ちゃんが着ているのを見てもほほえましいです。
でも、中には季節外れのロンパースタイプを朝昼パジャマ兼用でもしかしたら1日以上着せっぱなしなのかも?と疑うような人もいるんですよね。そうはなりたくないものです。